2023年9月19日 / 重要なお知らせ
LINEドクターでのオンライン診療(価格改定)

2023年9月19日以降の予約分から価格が改定されました.
 
待ち時間ほぼなし(予約時刻の前後15分程度)で稼働しています.
 
料金例
再診3,750円
初診9,560円(休職診断書,処方不可)
 
 
上記にLINEドクター利用料が別途かかります.下記を熟読し=オンライン診療規約=に同意し予約してください.なお,当院のオンライン初診は休職診断書発行に特化しています.LINEドクターでオンライン診療予約

音声のみでの診察が可能です.画面のオンオフは利用者が選択する仕様になっています.つまり,身だしなみを気にせず受診できます.多くの方は画面を切って診察しています.
 
 
初診は,休職診断書(当院書式)発行希望者のみが対象です.書類の発行がなくても初診自費8,800円はかかります.

 
 
再診3,750円内訳(例:保険3割負担450円+再診自費3,300円)+LINEドクター使用料.対象の方は,通院の手間,長い待ち時間を解消したい方,かつ,症状が安定していて処方の変更がほぼない方のみです.
 
 
初診9,560円内訳(例:保険3割負担760円+初診自費8,800円)+LINEドクター使用料.対象の方は,休職診断書発行希望者のみです.
 
 
初診は,当院書式診断書発行料込の料金です.書類は,決済完了後に発行(郵送)します.診察の所要時間は約10分です.休職は,カルテに休職年月日が記載されて有効になります.休職診断書は,後日会社に提出で問題ありません.
 
 
オンライン診療には以下の【同意が必須】です.予約を以って同意とします.→LINEドクターでオンライン診療予約
=オンライン診療規約=
*当院は,「情報通信機器を用いた診療をする施設」として届出済みです.
*初診では薬の処方ができません.
*初診自費に休職診断書(当院書式)の料金が含まれています.
*初診(10分)は休職等,当院書式書類の発行希望者のみが対象です.
*初診で診断書の発行がなくても,初診自費8,800円は徴収されます.
*初診内訳:例9,560円(保険3割負担760円+初診自費8,800円)+LINEドクター使用料
*再診対象の方は「処方の変更がほぼなく,かつ,数分以内で診察が完了する方」「薬物療法の自己調整で生活が回っている方」です.
*再診内訳:例3,750円(保険3割負担450円+再診自費3,300円)+LINEドクター使用料
*診察料支払後に処方箋,診断書等が発行されます.
*オンライン診療は保険点数が低く設定されている為,オンライン診療関連費(自費)を任意の額で徴収することが許されています.
*オンライン診療はに利点と欠点があります.先ずは各項目を共有しましょう.
*利点(待たずに,ささっと診察,さくっとクレジットカード決済,希望であれば薬は家に届く.画像オフ,音声のみも可能です)
*欠点(オンラインでは診られない内容があり悪化を見逃す.定期採血受診,もしくは,会社等での定期採血は必須です)
*情報漏洩リスク(ゼロリスクはありえません.秘密保持の努力義務と責任は医者と患者双方にあります.覗き見されない,音漏れしない空間で受診
*救急対応窓口の確認(大阪0570-01-5000,兵庫078-367-7210,もしくは110).当院の開院日時は短いです.
*対面診療とオンライン診療の併用(定期的な受診は症状が安定でも推奨します)
*オンライン診療の応召拒否条件(症状が悪化した場合,自院他院問わず受診を促します.処方を断ることもあります)
*診察動画・音声の記録や配布の禁止(被害が取り返しのつかない規模になります.加害者には大きな社会的制裁が待っています)
*プライバシーが守られた空間で受診(医者も患者も,診察室と同等の環境でオンライン診察します.車を運転しながらは不可ですが,駐車場に停めた同乗者がいない車中であれば可能です.スタバでコーヒー飲みながら等は認められません.医者と患者が共に許可した第三者以外は,診察に参加できません.原則,医者患者の1対1での診療です)
*随時,受診ルールの見直し(技術の進歩に合わせて,ルールや料金が変わります.LINEドクター利用料はLINEが決めています.
*オンライン診療を予約した時点で新しいルールに同意したものとします.
*オンライン診療でも,傷病手当,各種診断書の発行が可能です.文書作成料は別途かかります.
以上
上記に同意し→LINEドクターでオンライン診療予約する

 
 
電話予約する(開院時間内9-12時のみ)
ネットでRESERVA予約システムから予約する(24時間)