#PTAをやめたのは私だ

 
 
そもそも、PTAとは、誰のために生まれたのでしょうか?
 
 
 
 
(親子と先生のため?)
 
 
 
 
もちろんそうですよね。
 
 
 
 
 先生と親との意思疎通が、円滑ならば・・・
 先生の過労が、軽減されれば・・・
 親が、学校の行事に積極的に関われば・・・
 
 
 
 
子供のためになるわけです。
 
 
 
 
間違いなく、このコンセプトからPTAはできました。それがなぜ、忌み嫌われる存在になったのでしょうか。
 
 
 
 
(親の負担が大きすぎる!)
 
 
 
 
それも大きな理由ですよね。もっと深いところの原因を探ると。
 
 
 
 
(え~なになに〜)
 
 
 
 
その原因の一つは、
 
 
 
 
行き過ぎた平等かもしれません。
 
 
 
 
(ちょっと、難しい・・・)
 
 
 
 
親子と言っても、それぞれの家庭が抱えている問題はバラバラです。
 
 
 
 
(そりゃそうだ)
 
 
 
 
共働きの家
休日が不規則な家
妻が家庭を守っている家
早朝や夜に仕事がある家
病人を抱えている家
休みなく働いている家
片親の家
土日が休日の家
 ・・・
 
 
 
 
どの家族も忙しく、どの家族も事情を抱えていますよね。それなのにPTAの仕事を等しく分担することは不可能です。
 
 
 
 
(だよねー)
 
 
 
 
全く違う生活スタイルの家族を、「親」と言うくくりで、一つのグループにするのは無理があります。
 
 
 
 
(でも、そうまとめちゃうのがジャパンクオリティ涙)
 
 
 
 
時間的、経済的、精神的・・・。どこかに余裕がある人だけでPTAを組んではダメでしょうか。そして、入会できない親の分も頑張ってくれたら、良いなと思います。
 
 
 
 
(現実はそうじゃないね・・・)
 
 
 
 
その通りです。「お互い様の精神」が、「ババ抜きの精神」に変わってしまっては、「余裕がある人だけで運営する」このような解答は出てきません。
 
 
 
 
その代わりに、「一律に入会すること」が、見かけ上の解答となります。
 
 
 
 
(どういうこと?)
 
 
 
 
見かけ上とは、真の解答ではないということです。
 
 
 
 
(間違った答えってことね)
 
 
 
 
その通りです。悪いことに、間違った解答を土台に、PTAが運営されると、間違った制度が量産されます。
 
 
 
 
参加ポイント制
役員持ち回り制
 ・・・
 
 
 
 
(熟考中)
(熟考中)
(熟考中)
 
 
 
 
(あっ、わかったぞ!「行き過ぎた平等」を土台にPTAが運営されているから、PTAは忌み嫌われるんだ!)
 
 
 
 
その通りです。
 
 
 
 
もし、子供が、見かけ上の解答を土台に人生を歩んだら、その未来はどうなってしまうでしょうか。
 
 
 
 
(熟考中)
(熟考中)
(熟考中)
 
 
 
 
(間違った解答を使って、次の問題を解いたら・・・ギャ〜!絶対間違いじゃんっ!)
 
 
 
 
その通りです。
 
 
 
 
ルールが作られた背景もわからないまま、「ルールだから」と検証せずに信じ込み、真の解答から遠ざかる組織。そして、そこに染まっていく・・・。大人には、耳の痛い話ではないでしょうか。
 
 
 
 
(あ、私じゃん汗)
 
 
 
 
#PTAをやめたのは私だ
 
 
 
 
この話題をきっかけに、ある学校の先生と川西能勢口で話してきました。組織との関わり方、組織の運営の仕方に話題が発展し、
 
 
 
 
PTAの話なのに「大人のためになる」話をした週末になりました。
 
 
 
 
会談のあとは、川西能勢口から宝塚までゆっくりジョギング。交通量が多いので注意が必要です。
PTA うつ 心療内科