スマホをいじっている姿を子供に見せてませんか?子供だけではなく、友人や親など、つまり、大事な人の前でスマホをいじることは、人生を豊かにしません。
 
 
(そんなこと、ないでしょ!何が悪いの?!)
 
 
確かに、スマホは有用です。子供と調べ物をする時、図鑑を紐解くより、ずっと情報量が多いです。こんなに良い道具はありません。スマホを子供と一緒に使うのは、大賛成です。
 
 
(で、何がダメなわけ?)
 
 
ところで、自身のスマホの使用理由を把握していますか。以下のような用途でスマホを使用していると思います。
 
 
調べ物
通信(LINE、SNS、買物、予約、手続)
暇つぶし(読書、音楽、ラジオ、動画)
・・・
 
 
これらの用途が主体なら、スマホ姿を子供に見せてもいいと思います。
 
 
(ますます、わかんね、何が言いたいの?)
 
 
でも、スマホをいじる理由、その大部分を占めるのが、以下であるから厄介です。
 
 
 
 
嫌なことから逃げるため
 
 
 
 
スマホをいじっている時間が、嫌なことを考えなくて済む時間、何も考えない時間、辛さから逃れられる時間、頭を空にする時間・・・であるならば、その姿を見たい人はいません。とりわけ、大事な人のそんな姿を見たくはないはずです。
 
 
 
 
ある人は、通勤電車で、モバゲーをやることで、今から始まる仕事を一秒でも意識しないようにしているのかもしれません。同様に、家庭でも、スマホをいじることで、パワハラ上司を意識しない時間を確保しているのかもしれません。
 
 
(辛さを一時的に忘れて何が悪い!)
 
 
もちろん、辛さは一時的だとしても忘れたほうが良いです。ただ、辛さをやり過ごしている姿を子供に見せるのは、得策ではないと感じます。辛さを忘れたいなら、そばにいる子供と一緒に時間を楽しむ方が、人生を豊かにします。
 
 
(どうして?)
 
 
そばに人がいるにも関わらず、スマホでストレスを飛ばしていたら、そばにいる人は「私は役に立たない」「私では癒してげられない」と感じるでしょう。一方、子供と怪我しながらノコギリを引いたり、カレーの人参を切ったりして、かけがえのない時間を味わっていたら、子供は、親の愛情を感じると同時に、「子供なりに役立っている」との自信がつくでしょう。
 
 
 
 子供だけではありません。大事な人が「貴方の役に立っている」と感じることは、直接、貴方の満足感につながります。
 
 
 
 
(そうしたいけど、できないよ(涙))
 
 
 
 
分かっているけど、どうしようもない辛さ、心療内科に相談しに来てください。ストレスの連鎖を断ち切りましょう。ストレスの飛火を抑えましょう。(参考:ストレスを知る)
 
 
 
 
川西能勢口駅から石橋駅前。歩いて気持ち良い季節もあと少し、もうすぐ梅雨です。スマホ依存 ストレス イライラ 怒り
 
 
 
 

 
 
入園式・入学式が今年も終わりました。4月10日前後に集中するようです。さて、春めいてきたので、川西能勢口駅から当院まで歩いて通っています。そこで気づくのが・・・
 
 
 
 
新たに形成されたママ友の輪(不輪?不和?)
 
 
 
 
出会いの季節は、マウンティングの季節よろしく、先ずは、互いの基礎データの探り合い。勇ましく感じます。
 
 
 
 
ここまで来たら、マウントポジション取って、ボコボコにしてから、チョークスリーパーで決めちゃってください・・・。ただ、そうならないところに、女性らしさを感じます。(40代男性しかわからない格闘技用語を一部使用しています)
 
 
 
 
また、PTAの役員という名の無給雑用係決めも、初回顔合わせ時に行われることが多いです。ほんと、憂鬱ですよね。
 
 
 
 
今回は、立候補してくれる人がいて、ほっと胸を撫で下ろしたかもしれません。もしくは、くじを引当て(ババを引き)げっそりとした方を見て、来年は我が身と感じたかもしれません。
 
 
 
 
バカらしい、みんなでお金を出して、PTA運営のスタッフを外部から雇ったほうが早いのに、といつも思います。
 
 
 
 
(そもそも、なんで、代理じゃだめなんでしょう。代理人を雇ってPTA活動をやってもらえば済むのに、それが出来ない圧力がありあす。) → もちろん、それにも理由があります。
 
 
 
 
PTAが存続する理由は、人の集まりを利用する需要があるところにあります。人の集団はそれだけで価値があるんです。
 
 
 
 
【ウマ1】
人が集まれば、役職が生まれます。
役職への需要は一定以上存在します。
肩書ってあると便利です。
 
【ウマ2】
人が集まれば、少額の集金でも、
大きな予算になります。
予算を組める役職は役得!?
 
【ウマ3】
人が集まれば、
いいね!が集まります。
民主主義においていいね!は・・・。
 
 
 
 
とまぁ、外部の人間が代理で集まったら、上記のウマ味はなくなってしまいます
 
 
 
 
さて、ママ友問題、PTA問題
 
 
 
 
PTA、ママ友に共通するのは、個人的なストレスのはけ口として、結果的に利用されていることです。人が集まると、それ自体に価値が発生することを紹介しました。負の価値の一つに、いじめの発生があります。集団はいじめを発生させる装置になります。そして、悲しいことに、いじめはストレスの受け皿になります
 
 
 ****************************************
 
 
 
 
個人的なストレスの多くは、すぐに解決はできないですよね。正確に言えば、ストレスの原因を即座に取り去ることは、難しいわけです。(参照:ストレスを知る)
 
 
 
 
ただ、ストレスは、あちこちに当たり散らすことによって、一時的に、解消することが出来ます。ストレスは原因ではなく、感情なので、発散することができるのです。そして、負の感情を発散する装置として、いじめが使われるわけです。
 
 
 
 
人が集まれば序列ができます。強いものが、弱いものをいじめるために、序列を作ると言っても良いかもしれません。ただ、弱者が常に弱者とは限りません。ある集団では弱者(ストレスを抱える側)でも、ある集団では強者(ストレスを発散する側)になることもあります。
 
 
 
 
例えば、家庭内では、姑と夫から虐げられている嫁(弱者)でも、ママ友内では、夫のステータスと子供の優秀さを背景にボスママ(強者)になることがあります。
 
 
 
 
目の前にある池田商工会議所。旗が立っているのって、意外と気持ちいいものです。この写真は、診察室の観葉植物、右奥のオーストラリアビーンズ。何か、バランス悪く、新芽が伸びています。一番若い葉っぱなのに、大きい・・・何故? 一駅二駅歩いてみる習慣。今日は石橋駅経由で箕面駅まで歩いてみます。
ママ友、ボスママ、PTA、役員
 
 
 
 

 
 
ボスママ。
 
 
 
 
(あっ、あの人だな)
 
 
 
 
そのボスママを好印象をもって想像したでしょうか、それとも違ったでしょうか。いずれにせよ、ママ友に関する問題で悩んでいる方は多いです。
 
 
 
 
ママ友の輪に入れない
急に、無視された
子供の為に我慢している
そもそも一緒に居たくない

 
 
 
 
こんな経験、あるいは、そうされているママを見たことがあるのではないでしょうか。いつか、自分もハブられるかもしれない。そんな不安を抱えてママもいるでしょう。
 
 
 
 
そもそも、何故、ママ友は、こぞってランチに行くのでしょうか?ママ友は、子供を送った後、路端でしばらく話し込むのでしょうか?
 
 
 
 
それは、何かを話したいからです。
 
 
 
 
話を聞いてもらうときは、心から理解してもらうのが一番良いのですが、それは中々難しいですよね。だから、誰かに「聞いて欲しい」んです。できれば、軽く相槌を打ってもらいながら。とにかく、誰でもいいから、ただただ話したいんです。
 
 
 
 
言葉に出したらスッキリする
 
 
 
 
これは、私たちがもっている共通の仕組みです。
 
 
 
 
私は、ママ友たちが話し込んでいるのを見つけると、ついつい、そば耳を立てるのですが、その際の共通ポイントを以下に挙げます。
 
 
 
 
  1 全てのママが、話しているわけではない
  2 一番話しているママがボスである 
 
 
 
 
えっ?どうしてボスってわかるの?
 
 
 
 
ボスの判定は、意思確認「させて」いるか否かです。
 
 
 
 
ランチなどイベントを提案し、参加の意思確認「させて」いる人がボスです。そして、多くの場合、意思確認「させて」いる人が、ずーっと話しています。
 
 
 
 
断れない提案をしている人がボスママであり、かつ、ずっと話し続けてスッキリしているのもボスママです。
 
 
 
 
その反面、ボスママの周りは、可もなく不可もない相槌を打ちながら話を聞いています。それは大変なことです。そして、その大変さが、ボスママの快感になっているとも言えます。
 
 
 
 
ただ、ボスママはストレスを抱えていると推測します。ボスママこそが、誰かに話を聞いて欲しい、とにかく、話して楽になりたいと思っています。
 
 
 
 
ストレスによる負のオーラが大きいことが、ボスママを作り出しているのかもしれません。
 
 
 
 
ともあれ、ボスママとの関係悪化が、我が子の友達関係に直接影響します。今は良好な関係でも、何が災いするかと思うと、気を使わざるを得ないですよね。
 
 
 
 
ボスママとは距離を置く、これが唯一の方法ですが、ちょっとアドバイスがあります。
 
 
 
 
「ボスは1人ではない」
 
 
 
 
どの世界でも、大ボス、裏ボス、ラスボス…がいます。ボスというのは多いのが普通です。あのボスへの対処は万全だとしても、他のボスを見逃していたらクリアできません
 
 
 
 
週末は、川西能勢口から宝塚劇場あたりを散歩して来ました。よく散歩はするのですが、実は、一度も宝塚歌劇を観たことがありません。いつか観てみたいです。