一般的な評価指標からすると、医療現場は段違いでブラックです。
 
 
 
 
国立循環器病研究センターはいい例です。ここは、心臓に興味がある医師にとって聖地のような場所です。ただ、そこの勤務医や看護職員は激務です。時間外労働を月300時間まで可能にする労使協定(36協定)を強要されます。(参照:日経新聞)
 
 
 
 
(でも、給料がいいんでしょ?!)
 
 
 
 
企業と反対で、病院は、知名度や規模が大きくなるほど、給与が低くなるのが一般的です。
 
 
 
 
(えっ、そーなの!)
 
 
 
 
それでも、国立循環器病研究センターの医者は、「単に」ブラックだとは感じていないと思います。
 
 
 
 
(えー、なんで?家にも帰れないでしょ)
 
 
 
 
それでも納得していると思います。帰れないどころか、親の死に目にあえなくても、知識や技術を磨きたい【時間】があるのでしょう。
 
 
 
 
(【時間】・・・あの時間ねっ)
 
 
 
 
そうです。【時間を楽しむ】の時間です。正しい時間を楽しめていれば、めぐりめくって【人生を楽しめます】。(参考:人生を楽しむ)
 
 
 
 
(でも、一生、月300時間残業は無理じゃね?!)
 
 
 
 
それは無理でしょうね。期間限定だからできるんだと思います。外科レジデント時代は、月300時間「無給」残業をやっていましたが、そもそも、長く務める気は無かったです。時期が来れば辞める選択肢を持っていました。
 
 
 
 
(初めから辞める気なんて、けしからん奴だな、怒)
 
 
 
 
むしろ、いいと思いますよ。辞める時期を決めて仕事するのは、ビジネスパーソンに必須の技術です。
 
 
 
 
そもそも、医者は、5年以上同じ病院に勤務することがほとんどありません。【人生を楽しむ】のために病院を選び、目標が達成したら次に移るのが基本です。
 
 
 
 
(そりゃ、医者だからでしょ?!)
 
 
 
 
いいえ、ビジネスオーナーでも、ビジネスパーソンでも同じです。5年間、同じことをやっていてサバイブできる時代じゃないんです。同じ内容なら3年間がいいところじゃないでしょうか。ベストセラーになったLIFE SHIFT(ライフ・シフト)がある程度参考になります。以下の記事でLIFE SHIFT(ライフ・シフト)の解説をしています。(参考:真・正しい就活)
 
 
 
 
ブラック企業とは何か・・・
 
 
 
 
ブラック企業か否かって、そこにコミットした人が決めることです。外から見てブラックかどうかなんて、どーでもいいです。厚労省が決めるなんて最もナンセンス。【時間を楽しめる】企業なら期間限定で勤務して、【人生を楽しむ】に繋がらない企業なら今日辞めれば良いだけです。
 
 
 
 
(それが出来ないから、毎日が苦しいんじゃないか〜。涙)
 
 
 
 
確かに、「今日辞める」と言う選択肢には注意が必要です。精神的にまいっている時は、重大な決断は先延ばしにするのがいいです。特に、辞める時期を決めずに就職した方は「今日」辞めてはいけません(再掲:真・正しい就活)。先ずは、正しい休息が必要だと思います。お近くの心療内科に相談してみてください。
 
 
 
 
石橋経由の箕面の滝は・・・今日は無理。池田から川西能勢口(ここまでは余裕)→宝塚に入ったくらいから、帰りは電車だなと思いながらのジョギングしてます。

心療内科 川西能勢口 宝塚 石橋 池田 箕面
開業時の観葉植物、だいぶ育ちました。

 
 
 
 

 
 
面接で将来の夢を聞かれる事があります。以下が問われています。
 
 進路を明確に意識してるか
 興味を持っているか
 
 
その答えは・・・
 
 医者になりたい
 ユーチューバーになりたい
 スポーツ選手になりたい
 公務員になりたい
 大企業に入りたい
 ・・・
 
 
上記のような具体的な回答が出るのではないでしょうか。
 
 
 
 
確かに、興味と進路が具体的であることは、人生において、大きな利点です。具体的であればあるほど、「何をすればいいか」が明確だからです。何をしていいかわからない状態から抜け出しているのは、大きな利点です。
 
 
 
 
しかし、夢の実現が「幸せに繋がるか否か」を、検討する人はほとんどいません。
 
 
 
 
(え~、夢の実現=幸せでしょ?!)
 
 
 
 
夢が叶うまで、結構な時間がかかります。長い年月がかかるからこそ、夢が夢として輝くのかもしれません。そして、夢は眩しすぎるがゆえに、夢に向かっている恍惚感が生まれます。最後には「夢の向こうに幸せがある」と信じ切ってしまうのです。
 
 
(それも人生の楽しみ方の1つでしょ?)
 
 
確かにそうですね。それなら、「人生の楽しみ方」を子供にどのように教えますか。
 
 
 夢を持て
 やりたいことをやれ
 外科はいいぞ、人を救える
 就職するなら大企業だ
 やっぱり公務員だな
 自由に生きろ
 ・・・
 (んんん、こんなんじゃないな)
 (意外と難しい)
 (人生の楽しみ方を教える・・・?)
 (どう教えて良いんだろ?)
 (人生の楽しみ方って?)
 
 
 
 
実は、この問には2つの仕掛けがあります。
 
 1 どう子供に教えるか 
    →貴方に問うている
 2 答えの内容
    →貴方の望み
 
 
 
 
実は、貴方自身が、「人生の楽しみ方」を知らないのかもしれません。そもそも「自分自身が幸せだと感じる【時間】」を明確に知っている人は、非常に少ないんです。具体的な夢を話せても、何が幸せかを話せない。そういう方は「何をしている【時間】が幸せか」を意識することが必要です。
 
 
次回、「人生を楽しむ」ための下準備をお伝えします。下準備を人生の基礎にすることで、子育てから自分探しまで、間違った時間を過ごさなくて済むようになるでしょう。人生を楽しむためのキーワードは【時間】です。→参考:人生を楽しむ1(基本)
 
 
 
 
川西能勢口駅から五月山体育館まで歩くと、トレーニング前のいい準備運動になります。次は、石橋駅から歩いてみます。
五月山体育館 川西能勢口 人生を楽しむ
 
 
 
 

 
 
受験は「地頭」が9割。「母親」が9割ではありません。
 
 
 
 
受験に、学校のランクも関係ありません。「東大に大勢合格するあの高校は、教え方が良いのではなく、地頭が良い生徒のみで構成されているから東大に大勢合格する」と理解できない生徒や保護者は、受験に向きません。
 
 
 
 
東大、京大、国公立医学部に受かる生徒に、学校は関係ないんです。優秀な私立高校出身の東大生が、仮に、地方公立高校に通っていたとしても、やはり、東大生になっていたと考える方が合理的です。地頭ありきの話です。
 
 
 
 
医学部の同期100人を見ても、半分は公立高校出身でした。地元公立トップ校じゃない無名の公立高校出身も1割はいます。つくづく地頭の使い方だなぁと感じます。
 
 
 
 
(そうかぁ、バカな私じゃ、無理か〜)
 
 
 
 
いいえ、そんなことはありません。誤解されやすいので「受験は地頭が9割」を補足しておきます。
 
 
 
 
頑張っても努力しても無駄、という意味ではありません。
 
 
 
 
人生を楽しむためには、それぞれの地頭に沿った戦略が必要だということです。地頭が9割です。地頭に合わなければ、どんなに良い戦略(学校、塾)だとしても1割もその効果を得られません。実際のところ、地頭と戦略が合致しないなら、効果はほぼ0です。つまり、時間を無駄にします。
 
 
 
 
大量宿題・長時間補習戦略に向かない地頭でも、ゆっくり理解しながら5年かける戦略が地頭に合致しているなら、医学部に合格できるかもしれません。地頭の数だけ、合格の戦略があると言うことです。
 
 
 
 
一般的に、ゆっくり時間をかけ完全理解してから反復する戦略は、多くの地頭に有効です。一方、短期間で大量に詰込みながら反復する戦略は、多くの地頭に無効です。この観点からすれば、「国公立、医学部合格者を増やすことだけが目標の学校」、ほとんどは、「大量の宿題と補習で難関校の合格数を稼ぐ高校」は、利用の仕方に注意が必要です。(参考:高校の選び方)
 
 
 
 
受験は地頭が9割です。「東大、京大、国公立医学部の合格者をここ最近増やしている高校」に目がくらんだ人は、先ずは、自分の地頭を熟知しましょう。自分の地頭を熟知していない上に、その学校が提供するサービスも熟知していないなら、適切な戦略を選ぶことが出来ません。合格以前の問題です。
 
 
 
 
地頭を知り、適切な戦略を選び、人生を楽しみましょう。→医学部に入れたい
 
 
 
 
 
 
池田泉州銀行の柱。柱頭の葉形装飾に目が行きました。家に帰り教科書を紐解いて・・・コリント式でしょうか。複雑な華麗さが特徴のゼウス神殿の柱に近いのかなと、一度も言ったことのないギリシャに思いを馳せています。・・・川西能勢口駅、石橋駅まで一駅、二駅歩くのも、だいぶ汗をかく季節になりました。宝塚まで走るとなると脱水に注意です。
池田泉州銀行 ギリシャ ドーリス イオニア コリント 医学部 受験
 
 
 
 

 
 
高校の選び方で迷ったら、
 
 
 
 
結論:宿題がない(あっても提出義務がない)高校へ行く
 
 
 
 
以上です。
→参考:受験は〇〇が9割
 
 
 
 
これでは???かもしれません。もう少し解説します。
 
 
 
 
先ず、本物のトップ校は、勉強する義務がありません。全ては自主性・自律性に任せられます。そもそも、そのような学校に合格できる人は、自分で自分の道を切り拓くので、一律の勉強法を押し付けられる必要がないとも言えます。
 
 
自分に合った方法を、自分で選択して、自分の未来を取りに行く、そんな地頭があるのでしょう。
 
 
 
 
一方、「国公立大学や医学部の合格者を、ここ最近増やしてきている高校」は、一律の勉強法を押し付ける傾向が高いです。もし、自分で自分の道の切り拓く気概がなければ、一律の勉強法を押し付けられても違和感はないでしょう。
 
 
「自分に合った方法を、自分で選択する」そんなことを思ったこともない従順さなのかもしれません。
 
 
 
 
ここでは、「行きたい学部や大学がある。でも、到底無理だ。何より勉強の仕方が分らない皆様」に向けてアドバイスします。以下を読めば、
 
 
結論:宿題がない(あっても提出義務がない)高校へ行く
 
 
を理解し、目標を達成するための行動を続けることができるでしょう。
 
 
 
 
さて、「国公立大学や医学部の合格者を、最近増やしてきている高校」は、何故、宿題や補習授業を大量に課す戦略を採用していると思いますか。
 
 
 
 
それは、学校にとって、最もコストがかからない、楽な方法だからです。たしかに、大量の宿題、多くの補習授業を課せば、その1%くらいは成功します。学年に200人いるとしたら、2人くらいは医学部に受かるかもしれません。
 
 
しかし、その他99%は、真の理解がないまま、作業した時間を浪費することになります。少なくとも勉強嫌いになってしまいます。
 
 
 
 
それでは、学校にとって、最もコストのかかる、面倒くさい方法は何だと思いますか。
 
 
それは、総合点で合格最低点を取る戦略を支援する方法です。合格最低点を取ることだけは全員共通ですが、各科目の目標得点率が、それぞれの生徒で違うので、一律の宿題、一律の補習授業では対応できません。
 
 
 
 
  生徒A 英語95%、数学40%、物理50%、化学80%
  生徒B 英語60%、数学85%、物理95%、化学75%
  生徒C ・・・
 
 
 
 
同じ英語でも、数段階にレベル分けされた宿題や補習授業を用意することが求められます。それを全教科でやるのは大変です。
 
 
だから、賢い先生がいる学校は、一律の宿題は効果が薄いことを理解し、宿題をなくすか、あっても提出義務をなくしています。
 
 
 
 
加えて、賢い戦略をとる学校では、宿題や補習ではなく、先生が個別の質問に答える時間、生徒同士が教え合う時間を多く設けます。
 
 
大量の宿題をこなすより、教え合う勉強会の方が、理解が早いのです。
 
 
  何処がわかってないか、
  具体的に、相手に伝える
 
 
  理解につまずいた点を、
  これから始める友人に教える
 
 
  友人が理解できていないポイントを探して、
  一緒に解決する
 
 
  自分の知っていることを、
  わかりやすく相手にプレゼンする
 
 
このような勉強会は、大量の宿題をこなすより、ずっと効率的で身につく勉強法です。かつ、高校、大学、社会人になってからも続く、人生を楽しむ人たちが採用する伝統的な勉強法です。
 
 
 
 
川西能勢口駅のホームに、数学のテキストを開いているが高校生がいました。テキストを見ながら宝塚方面へ乗っていきました・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
写真は、忘れたら、ちょくちょく調べてしまう、数学の参考書です(教科書はどこへいった?!)。今思えば、教科書が一番シンプルに書かれてあり、復習には最適だなと思います。それは、全科目そうだと感じます。
大学、数学、受験、医学部、高校
 
 
 
 

 
 
我が子に良い教育を受けさせたい
 
 
 
 
全ての親の願いですよね。良い教育が我が子のためになる、その通りです、間違いありません。
 
 
 
 
しかし、我が子のため、とは本当でしょうか。
 
 
 
 
小学館の雑誌「小学一年生」で、小学1年生の親が子どもに将来なってほしい職業」「をアンケート調査したところ、以下の結果となりました。
 
 
 
 
第1位 …
第2位 公務員
第3位 医師
第4位 消防士
第5位 先生
 
 
 
 
公務員、国家資格強し!
 
 
 
 
(あれれ? 第1位が書いてないぞ)
 
 
 
 
第1位 本人が希望する職業
 
 
 
 
嘘くせー。理想と現実、建前と本音が交錯した親心を感じます。
 
 
 
 
ちなみに、子供に人気のある職業は、第6位以下に出てきます。親は、子供が就きたい職業に就かせる気はありませんってことです。
 
 
 
 
好きな職業に就いていいよと言いながら、医者や公務員を勧める親・・・
 
 
 
 
いつの時代でも、子供のことより「親自身が安心したいだけ」なんですよね。
 
 
 
 
このアンケート結果は、親と子の職業観のズレを裏付けるデータなのかもしれません。
 
 
 
 
このように、親心は、正直です。安定の為に、子供は、医者か、大企業の従業員か、公務員になって欲しい。と同時に、親は、世間体を保ち、経済的負担から解放され、安心したい。そんな切実な思いも感じ取りました。
 
 
 
 
ただ、勘違いしないでください。
 
 
 
 
「親自身が安心したいから」
 
 
 
 
これは間違いではありません。
 
 
 
 
間違いなのは、医者・大企業の従業員・公務員が、10年後も安定した存在か、親自身が、これらの検証をしてないことです。勧める職業を熟知しないで、よく勧められるなっ。
 
 
 
 
(検証なんてしてない。何それ?)
 
 
 
 
検証過程こそが、キャリア教育の根底なのですが、悪いことに、この検証方法は、小中高はもちろん、大学の就職センターでも教えてくれません。
 
 
 
 
特に、高偏差値大学出のサラリーマン家庭では、検証すればするほど、「医学部最高」「東大最高」「上場企業最高」と言う結果に収束します。
 
 
 
 
(確かに、それ以外思いつかない)
(思いついたとしても、我が子にやらせるかは別)
 
 
 
 
まぁ、東大入学が人生のリスクヘッジになるのは確かです。それは地頭が受験に適している場合に限って正しいです。ただ、現実的には、多くの地頭は受験に向きません。
 
 
 
 
(どうしようもないじゃん・・・涙)
 
 
 
 
何かしら解決策はありますよ。正解が無数にあるのが、人生と受験が違う所ですから。
 
 
 
 
(うぐ〜、我ら偏差値ジャンキーには、耳が痛い話だよ)
 
 
 
 
——————————
 
 
そもそも、何を検証するのでしょうか。対象は、安定?将来性?でしょうか。それらは違うと感じます。
 
 
 
 
(じゃ、何、おせーて!)
 
 
 
 
止めておきます。このアドバイスは、人を選びます。
 
 
 
 
(えーっ、困る〜)
 
 
 
 
ヒント:人生はゲリラ戦です。
 
 
 
 
(革命を起こすの!?)
 
 
 
 
いいえ、国家を倒すとかではないです。一族が生き延び、繁栄するための戦い方を検証します。
 
 
 
 
(一族・・・!?)
 
 
 
 
キャリア教育の一環に「一族」が出て来るのは、????ですよね。ここでは順序立てて説明しませんが、一言だけ・・・
 
 
 
 
一族が繁栄するための戦い方は歴史に学べます。時間をかけるしかありません。国家百年の計ならぬ、一族百年の計です。・・・今日はここまでとします。(参考:「一族百年の計」関連記事)
 
 
 
 
——————————
 
 
 
 
・・・哀しいことに、子供の大学や就職先のランクで見栄を張るのは、親の性です。全国で朝夕繰り広げられる井戸端会議の主要議題の1つです。もう一つは、そこにいないママの悪口でしょうか。
 
 
 
 
「子供を出汁に見栄を張る欲望」
 
 
 
 
ここから開放されることは、親自身の健康に最も大切です。
 
 
 
 
毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒
 
「○○さんとこ、医学部狙ってはるんやて」
「すごいやーん」
 
 
「うちの子は、医学部A判定でした」
「すごいやーん、さすが奥さんの子供やわ」
 
 
「何とか、国立大学の医学部に入れまして」
「すごいやーん」
 
 
「○○銀行と〇〇商社に内定したのよ」
「うわ、すごいやん」
 
毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒
 
 
 
 
こんな井戸端会議から自由になりましょう。自分自身のステータスを子供のステータスで補完するのは、家族の健康に寄与しません。加えて、高級車やブランド物でステータスを補完するのも不健康です。
 
 
 
 
宝塚、川西能勢口、池田、石橋、箕面・・・教育熱心が家庭が多い印象です。是非、職業の安定とは何か、将来性とは何かじゃなくて
 
 
 
 
【一族が繁栄するための百年の計】を家族で話し合ってはいかがでしょうか。
 
 
 
 
今年の冬は寒いですね。JR川西池田駅の花壇が、花でいっぱいになる時期を楽しみに過ごしています。川西能勢口駅から箕面駅までランニング、帰りは電車でした。
 
 
 
 

 
 
受験シーズン到来です。受験生はもちろん、受験生を持つ親御さんも、落ち着かない日々を送っているのではないでしょうか。
 
 
今日は、受験生ではなく、これから受験生になる皆様へ、メッセージです。
 
 
それは、「18歳で大学、23歳で就職」と決めつけないこと。あなたの道筋で良いんです。ゆっくりでも進んでいるなら、あなたのペースで、あたな自身の道筋を歩めば良いんです。
 
 
え?、それ以前の問題ですって!?
 
 
「そもそも、自身の道筋って、何ですか?」
「それが見つけられないから悩んでいるんです」
 
 
そうですよね、自身の道筋がわからないから、困っているわけですよね。よくわからないから、一番知っている道筋=「ちゃんと高校行って、18歳で良い大学行って、23歳で一流企業に就職」と言う呪縛で悩んでいるわけです。わかりました。ここでは、将来なりたい職業ランキングを例に、
 
 
「知らないことは選べない」ことを学びます。
 
 
さて、ここに、日本FP協会が発表した小学生の「将来なりたい職業」があります。
https://www.jafp.or.jp/personal_finance/yume/syokugyo/
 
 
  1位 医者
  2位 サッカー選手
  3位 野球選手
   …
   パテシエ
   薬剤師
   宇宙飛行士 
   教師
   警察官
   パイロット
 
 
どの職業も知っているのではないでしょうか。
と言うのも、ここに載っている職業の人に会ったことや、テレビやインターネットで見たことがあるからだと思います。。
 
 
さて、13歳のハローワーク公式サイトに人気職業ランキングがあります。
http://www.13hw.com/jobapps/ranking.html
 
 
  エディトリアルデザイナー
  キュレーター
  …
 
 
順位が100位まであると、たくさんの職業が出てきますね。聞いたことのない職業も沢山あるのではないでしょうか。または、名前は知っていても、実際の内容は殆ど知らないでは?。(医師と言っても、数え切れないほど、違いがありますよ。これは後日書くことにします。)
 
 
実は、先ほどの日本FP協会が発表した集計も100位くらいまで表にすると、知らない職業がたくさん出てきます。
https://www.jafp.or.jp/personal_finance/yume/syokugyo/files/count_2015.pdf
 
 
  恐竜博士
  プロダクトデザイナー
 
 
もうお分かりですね。知らない職業は選べない。つまり、知らない道筋は選べないと言うことです。
 
 
皆さんの知っている職業は、殆どが、テレビやインターネットで知った職業なはずです。それ以外で、未知の職業を知る行動が必要だと感じてくれましたか。色々な職業がある様に、色々な人生の歩み方があります。それぞれの道筋があります。どんな道筋があるのか、たくさん知った上で、自身に合った道筋を見つけたいですね。
 
 
さて、どうやって、その情報を得るのでしょうか。診察室でも相談にのってます。
猪名川町、川西、池田、石橋は、若い世代が多く、教育熱心な印象です。