受験は「地頭」が9割。「母親」が9割ではありません。
 
 
 
 
受験に、学校のランクも関係ありません。「東大に大勢合格するあの高校は、教え方が良いのではなく、地頭が良い生徒のみで構成されているから東大に大勢合格する」と理解できない生徒や保護者は、受験に向きません。
 
 
 
 
東大、京大、国公立医学部に受かる生徒に、学校は関係ないんです。優秀な私立高校出身の東大生が、仮に、地方公立高校に通っていたとしても、やはり、東大生になっていたと考える方が合理的です。地頭ありきの話です。
 
 
 
 
医学部の同期100人を見ても、半分は公立高校出身でした。地元公立トップ校じゃない無名の公立高校出身も1割はいます。つくづく地頭の使い方だなぁと感じます。
 
 
 
 
(そうかぁ、バカな私じゃ、無理か〜)
 
 
 
 
いいえ、そんなことはありません。誤解されやすいので「受験は地頭が9割」を補足しておきます。
 
 
 
 
頑張っても努力しても無駄、という意味ではありません。
 
 
 
 
人生を楽しむためには、それぞれの地頭に沿った戦略が必要だということです。地頭が9割です。地頭に合わなければ、どんなに良い戦略(学校、塾)だとしても1割もその効果を得られません。実際のところ、地頭と戦略が合致しないなら、効果はほぼ0です。つまり、時間を無駄にします。
 
 
 
 
大量宿題・長時間補習戦略に向かない地頭でも、ゆっくり理解しながら5年かける戦略が地頭に合致しているなら、医学部に合格できるかもしれません。地頭の数だけ、合格の戦略があると言うことです。
 
 
 
 
一般的に、ゆっくり時間をかけ完全理解してから反復する戦略は、多くの地頭に有効です。一方、短期間で大量に詰込みながら反復する戦略は、多くの地頭に無効です。この観点からすれば、「国公立、医学部合格者を増やすことだけが目標の学校」、ほとんどは、「大量の宿題と補習で難関校の合格数を稼ぐ高校」は、利用の仕方に注意が必要です。(参考:高校の選び方)
 
 
 
 
受験は地頭が9割です。「東大、京大、国公立医学部の合格者をここ最近増やしている高校」に目がくらんだ人は、先ずは、自分の地頭を熟知しましょう。自分の地頭を熟知していない上に、その学校が提供するサービスも熟知していないなら、適切な戦略を選ぶことが出来ません。合格以前の問題です。
 
 
 
 
地頭を知り、適切な戦略を選び、人生を楽しみましょう。→医学部に入れたい
 
 
 
 
 
 
池田泉州銀行の柱。柱頭の葉形装飾に目が行きました。家に帰り教科書を紐解いて・・・コリント式でしょうか。複雑な華麗さが特徴のゼウス神殿の柱に近いのかなと、一度も言ったことのないギリシャに思いを馳せています。・・・川西能勢口駅、石橋駅まで一駅、二駅歩くのも、だいぶ汗をかく季節になりました。宝塚まで走るとなると脱水に注意です。
池田泉州銀行 ギリシャ ドーリス イオニア コリント 医学部 受験