怒りの取り扱い方3(抗不安薬、必要!?)

 
 
怒りの取り扱い方1(超初級)
怒りの取り扱い方2
怒りの取り扱い方3(抗不安薬、必要!?)
 
 
 
 
(薬、怖いのですが)
  ↑
薬に抵抗があるのはもちろんです。不安ですよね。抗不安薬は何のために使うのかを知れば、その不安は、少しずつなくなっていきます。(参考:薬物療法は効きますよ)
 
 
【抗不安薬の使用目的】
 1 ストレスの増幅と飛火を止める
 2 脳を休ませる
 
 
 
 
さて、抗不安薬は、ストレス管理の初期治療に大きな効果を発揮します。以下に、ストレスに関する治療過程を以下に示します。(参考:怒りの取り扱い方)
 
 
1 本当の原因
 (具体的な事象:パワハラ上司)
   ↓
2 ストレス・怒りの発生
 (二次的な感情:つらい・・・)
   ↓
3 ストレスの増幅と飛火
 (本当の原因以外にもキレる:家族にあたる)
   ↓
4 社会的破綻
 (信頼を失う、仕事・家族・友人を失う)
 
 
 
 
この流れを見れば、1を解決すれば良いことがわかると思います。ただ、1がすぐに解決できないから、心療内科に来ていることを考えると、第一にすべきことは、2と3を治療することです。この段階の治療は簡単です。抗不安薬で驚くほど一気に解決します。
 
 
2や3をカウンセリングで治したいと言う要望は多いのです。しかし、怒りの感情で渦巻いている状態でのカウンセリングは効果が薄いです。錯乱状態の患者様のそばで優しく語りかけるより、薬で落ち着かせるのが先だからです。
 
 
(錯乱してませんけどっ!)
 
 
たしかに、見た目は錯乱状態ではないかもしれません。しかし、頭の中は、怒りと憤りで渦巻いてませんか。休日も、仕事の嫌なことばかり考えて、全くリラックスしていないですよね。その状態ではクリアな思考ができません。錯乱状態と一緒です。「ぐるぐるアタマ」では妙案は浮かばないのです。錯乱状態で下した決断は、冷静な状態での決断と比べ、劣ります。良い結果をうまないということです。
 
 
つまり、錯乱した状態でカウンセリングを受けても、最も良いゴールに向かう決断ができないのです。先ずは、落ち着きましょう。
 
 
(薬じゃ、本当の原因が解決できないでしょう?)
  ↑
本当の解決は後で良いんです。
 
 
「ぐるぐるアタマ」をリセットします。怒り、ストレス、憤りで「ぐるぐるぐるぐる考え続けること」は、「脳」そのものに悪影響です。本当の原因は未解決かもしれませんが、「脳」を休ませることが、抗不安薬の効果の1つです。アプリを全部落とし、フリーズした脳を一旦休ませるのも、大事な治療です。(再掲:薬物療法は効きます)
 
 
 
 
池田郵便局内のポスター枠を4枠に増やしました。掲載場所は、各郵便局が決めるらしいです。まさかの集中掲載となっています。今日は、そのまま石橋駅まで歩いて帰ります。(現在、広告は終了しています。ひっそり診療するには十分に認知されてきたと感じます。今日は、川西能勢口経由で、宝塚までリフレッシュしてきます。)
池田郵便局 広告 ポスター 抗不安薬 ストレス アンガー