入園式・入学式→ママ友・PTA役員決め

 
 
入園式・入学式が今年も終わりました。4月10日前後に集中するようです。さて、春めいてきたので、川西能勢口駅から当院まで歩いて通っています。そこで気づくのが・・・
 
 
 
 
新たに形成されたママ友の輪(不輪?不和?)
 
 
 
 
出会いの季節は、マウンティングの季節よろしく、先ずは、互いの基礎データの探り合い。勇ましく感じます。
 
 
 
 
ここまで来たら、マウントポジション取って、ボコボコにしてから、チョークスリーパーで決めちゃってください・・・。ただ、そうならないところに、女性らしさを感じます。(40代男性しかわからない格闘技用語を一部使用しています)
 
 
 
 
また、PTAの役員という名の無給雑用係決めも、初回顔合わせ時に行われることが多いです。ほんと、憂鬱ですよね。
 
 
 
 
今回は、立候補してくれる人がいて、ほっと胸を撫で下ろしたかもしれません。もしくは、くじを引当て(ババを引き)げっそりとした方を見て、来年は我が身と感じたかもしれません。
 
 
 
 
バカらしい、みんなでお金を出して、PTA運営のスタッフを外部から雇ったほうが早いのに、といつも思います。
 
 
 
 
(そもそも、なんで、代理じゃだめなんでしょう。代理人を雇ってPTA活動をやってもらえば済むのに、それが出来ない圧力がありあす。) → もちろん、それにも理由があります。
 
 
 
 
PTAが存続する理由は、人の集まりを利用する需要があるところにあります。人の集団はそれだけで価値があるんです。
 
 
 
 
【ウマ1】
人が集まれば、役職が生まれます。
役職への需要は一定以上存在します。
肩書ってあると便利です。
 
【ウマ2】
人が集まれば、少額の集金でも、
大きな予算になります。
予算を組める役職は役得!?
 
【ウマ3】
人が集まれば、
いいね!が集まります。
民主主義においていいね!は・・・。
 
 
 
 
とまぁ、外部の人間が代理で集まったら、上記のウマ味はなくなってしまいます
 
 
 
 
さて、ママ友問題、PTA問題
 
 
 
 
PTA、ママ友に共通するのは、個人的なストレスのはけ口として、結果的に利用されていることです。人が集まると、それ自体に価値が発生することを紹介しました。負の価値の一つに、いじめの発生があります。集団はいじめを発生させる装置になります。そして、悲しいことに、いじめはストレスの受け皿になります
 
 
 ****************************************
 
 
 
 
個人的なストレスの多くは、すぐに解決はできないですよね。正確に言えば、ストレスの原因を即座に取り去ることは、難しいわけです。(参照:ストレスを知る)
 
 
 
 
ただ、ストレスは、あちこちに当たり散らすことによって、一時的に、解消することが出来ます。ストレスは原因ではなく、感情なので、発散することができるのです。そして、負の感情を発散する装置として、いじめが使われるわけです。
 
 
 
 
人が集まれば序列ができます。強いものが、弱いものをいじめるために、序列を作ると言っても良いかもしれません。ただ、弱者が常に弱者とは限りません。ある集団では弱者(ストレスを抱える側)でも、ある集団では強者(ストレスを発散する側)になることもあります。
 
 
 
 
例えば、家庭内では、姑と夫から虐げられている嫁(弱者)でも、ママ友内では、夫のステータスと子供の優秀さを背景にボスママ(強者)になることがあります。
 
 
 
 
目の前にある池田商工会議所。旗が立っているのって、意外と気持ちいいものです。この写真は、診察室の観葉植物、右奥のオーストラリアビーンズ。何か、バランス悪く、新芽が伸びています。一番若い葉っぱなのに、大きい・・・何故? 一駅二駅歩いてみる習慣。今日は石橋駅経由で箕面駅まで歩いてみます。
ママ友、ボスママ、PTA、役員