2018年に卒業予定の大学生の就活が、2017年3月1日に解禁されました。
 
 
若手の労働人口が減少していることから、今の労働者市場は売手優位です。売手の学生側は、複数の内定を取りやすく、一方で、買手の企業側は、入社後すぐに辞めない人材を確保するため、躍起になってます。
 
 
結論から言うと
入社3年で3割辞める
  ↑
 いいね!
 
 
むしろ、入社して1ヶ月経つ前に、辞めてしまう方が、いい場合もあります。1ヶ月もあれば、その企業がどのようなルールで動いているか、はっきり判るからです。
 
 
大方、ルールは滅茶苦茶です。そんな理不尽なルールを、違和感なく受け入れている従業員を見て、そぞら恐ろしいと感じたら、入社日に辞めた方がいいです。その直観は当たりです。
 
 
ここで注意して欲しいのは、ダメだと直観しつつも、頑張ってしまう新入社員です。理不尽なルールをあれよあれよと違和感なく受け入れ、最終的に、トンデモないルールを指導する側に立ってます。
 
 
学生時代が終わり、社会に出て初めて、自分の信じていた社会のルールとは全く違う場合、身の振り方は早ければ早いほどいいです。
 
 
今回は、直観するために、頭の中心に置いて欲しいことを書きます。
 
 
 
 
理不尽なルールを知り尽くす
 
 
 
 
先ずは、多くの学生が設定しているルールを確認しましょう。
 
 
東大卒、京大卒・・・の順で、就職しやすい、給与が高い、出世できる・・・最終的に、幸せになれる!
 
 
これは万人が納得しやすいルールです。受験能力がある順に幸せになれるなら、努力する甲斐もあるでしょう。このルールを採用しているから、東大生は業界トップ企業に求職し、中堅大学に通う学生は中堅企業に求職します。そして、以下のようなゴールに向かって、スーツに身を包みます。そして・・・、
 
 
大学のランク以上の企業に内定できたら成功
  ↑
これが、多くの就活生が設定しいる間違ったゴールです。
 
 
 
 
さて、本題に戻ります。人生を楽しむには、社会のルールはを熟知しなくてはなりません。
 
 
 
 
社会のルールの特徴:
  理不尽
  不公平
  実力で越えられない壁だらけ
  コロコロ変わる 
  無数にある
 
 
 
 
入社時研修は、社会のルールを知るいい機会です。
 
・取引上のコネ入社が、当たり前の様にゴロゴロいる。
・オーナーの子息がいきなり上司になる、かつ、その地位を逆転することは不可能。
・学歴と能力だけで戦ってきたものは、戦いに一生参加することになる。
・戦いを見物し、戦いの成果だけをさらっていく人は、既に決まっている。
・出世し、給与所得が多くなればなるほど、「優秀な納税係」になる。
年収でこんなに違う 所得・消費税、あなたの負担は(日経新聞)
・住民税も累進性。とにかく、サラリーマンが税制上最も不利。
 
ただ、研修が終わる頃には、上記が気にならないように洗脳されています。それが研修の目的でもあります。
 
 
 
 
「それじゃ、就職するなっ」てこと?
 
 
人生を楽しむための個別の方法は、誰も教えてくれません。これも社会のルールの一つです。もちろん、「東大卒、京大卒・・・の順で有利」このルールに沿った答えは教えてもらえます。しかし、社会のルールに沿った答えは、自分で学ぶものです。
 
 
「それじゃあ、就職なんかしないで、起業しろっ」てこと?
 
 
就職か起業か、それ以外の道もあると思いますが、以下のような人は、リクルートスーツを今すぐ脱いだほうがいいです。
 
 
「毎日毎日学校なんが行きたくなかった」 → 定期的な通勤に向かない
「宿題なんかやりたくなかった」 → ノルマ達成、進捗報告に向かない
「校長の話は長くて退屈だった」 → ボスと株主は選べない
 
 
社会のルールは無数にあります。高校に行かなくても、大学に行く方法はいくらでもあります。同様に、そこの従業員にならなくても、幸せになる場所は無数にあります。不利なルールに甘んじていないか、根本的な見直しが必要です。
 
 
「どこかに所属していないと認められない」
「少しでもランクの高いところに所属したい」
 
 
こんなルールから自由になりましょう。その第一歩が、無数にある社会のルールを知っていくことです。そして、自分に合ったルールが適応される場所を選んで、その場所で人生を楽しみましょう
 
 
小学生くらいから、理不尽な社会のルールを、家族で話し合うのがおすすめです。
 
 
 
 
〜MacbookAirのバッテリーを替える〜
川西能勢口駅付近、北摂には、アップルストアがないので、自分でバッテリーを入れ替えました。品番はA1405、メーカはSLODA。5分で終わるので、アップルストアに頼むより良かったかもしれません。
A1405 SLODA apple MacBook Air 13