年度末に近づくに連れ、受診が減っていきます。
 
 
 
 
4月が区切りの日本では、3月は、期待で胸を膨らませる時期です。もちろん、納得をしないまま、次を迎える方もいるでしょう。それでも、4月は心と身体を前に押し出してくれます。これが、年度末に受診が減る理由の一つです。
 
 
 
 
(たしかに、年度末はリセット感ある)
(4月は変化を受け入れられるね)
 
 
 
 
そうですよね。
 
 
 
 
大学生なら、新入生オリエンテーションがあり、部活やサークルの勧誘でちやほやされ、履修単位の仮登録から本登録を経て、一回講義を受けたら、すぐにゴールデンウィークです。
 
 
 
 
(そうそう)
 
 
 
 
社会人なら、大概、くだらないと感じるか、過度な詰込みの新人研修が始まります。それでも、「私は社会人になれたぞっ」と社会に認められた高揚感を引っさげて、同期と街へぞろぞろ繰り出します。しかし、そのキラキラ感もゴールデンウィークには消えてなくなっています。
 
 
 
 
(わかる〜)
 
 
 
 
実際は、ゴールデンウィークを待たずして、4月中旬には確信してしまうんですよね。
↓↓↓
 
 
 
 
ここに所属する違和感
将来を描けない不安感
認められない疎外感

・・・
 
 
 
 
(わかる〜)
 
 
 
 
これらが頭にもたげてくるなら、五月病予備軍です。学校や会社に行くことができなくなる前に、心療内科にご相談ください。
 
 
 
 
ここで、五月病治療における注意点を紹介します。
 
 
 
 
(五月病ってどう治すの?)
(環境を変えれば良いんでしょ?)
 
 
 
 
そうですね。環境を変えることができるのであれば、それに越したこしたことはありません。ただ・・・
 
 
 
 
(ただ?気になる〜)
 
 
 
 
取り巻く環境が原因で、五月病(適応障害や抑うつ状態)になった場合、「環境を変えれば治る」と思われがちですが、それは違います。
 
 
 
 
(え~!環境変えてもダメ???)
 
 
 
 
確かに、配属先を変えてもらったり、学校を変えたりすることで、症状は改善はします。しかし、根本の原因を治療しない限り、再発する可能性が高いと感じます。
 
 
 
 
(根本原因は、学校や会社でしょ?!)
 
 
 
 
いいえ、違います。
 
 
 
 
(え、違うの?!)
(何?教えてー)
 
 
 
 
根本原因はあなたの真面目さです。その真面目さ故に、理不尽な社会の犠牲になっていることが多いのです。
 
 
 
 
(真面目さ・・・?!)
 
 
 
 
そうです。あなたは真摯で誠実なんです。だから、
 
 
 
 
ズルをするなんて嫌だ
ズルされても、何もできない自分が嫌だ
自分が我慢すればいいんだ
みんなに迷惑をかけれない
自分が悪いんだ
・・・
 
 
 
 
あなたは、そうやって我慢してきたのではないでしょうか。
 
 
 
 
(コクリ・・・涙)
 
 
 
 
自分を責めることで、解決してきたのはないですか。
 
 
 
 
(そうです・・・涙)
 
 
 
 
それは、とてもつらかったでしょう。
 
 
 
 
(どうすればいいのっ?)
(真面目さを捨てればいいですか?)
 
 
 
 
もちろん、その真面目さを捨て去る必要はありません。あなたの真摯さは、あなたを形成する最も大切な核です。これからも大事にしていくものです。
 
 
 
 
(じゃぁ、どうすればいいの?)
 
 
 
 
新しいマインドセットを追加することで、環境改善だけでは到達できない、根治的治療につなげていきましょう。
 
 
 
 
(マインドセットって?)
 
 
 
 
日本語で言えば、心づもりでしょうか。心を整えておくと言ってもいいでしょう。
 
 
 
 
(それ、教えて!)
 
 
 
 
教えません。
 
 
 
 
(うそー!)
(心療内科、意味ね~)

 
 
 
 
マインドセットの内容以前に大切なことがあります。先ずは、それからお伝えします。
 
 
 
 
(じゃぁ、それからヨロシコ)
 
 
 
 
ストレスや不安から治療しましょう。
 
 
 
 
(全然、わかりませんけど)
 
 
 
 
そうですよね。これだかじゃわからないですよね。先ずは、五月病の起こる過程を見てください。
 
 
 
 
五月病(適応障害やうつ病)が起きる過程1→2→・・・
  1  根本原因(例:真面目さ)
  2  環境に馴染めない
  3  ストレスの増幅
  4  ストレスのはけ口が各方面に飛火
  5  全てにイライラ
  6  誰も共感してくれない
  7  全てにやる気低下
  8  会社・学校に行けない
  9  社会的破綻
 
 
 
 
(もっと具体的に教えて)
 
 
 
 
具体的に言うと
  1  真摯な生き方を実践
  2  社会にはズルい人がいっぱい
  3  真面目にればやるほど損をする
  4  家族や恋人、弱者に当たる
  5  兎に角、ちょっとしたことにもイライラ
  6  「そうだね、間違ってないよ」と言ってほしいのに
     一緒にこの状況を嘆いてほしいのに
     「わかるよ、辛いね」と言ってほしいのに
     家族でさえ言ってくれないっ(涙)
  7  もう、どうでもいい
  8  行動も思考もできない
  9  社会復帰が望めない状況が続く
 
 
 
 
(あぁ、私だ・・・)
 
 
 
 
この過程を見る限り、根本原因(1)を治療すればいいですよね。
 
 
 
 
(そうですね)
 
 
 
 
この根本原因(1)を変えることが、新しい概念(マインドセット)を作ることなのですが、いきなりは無理です。
 
 
 
 
(何で?)
 
 
 
 
だって、今の貴方には、新しい概念(マインドセット)を考える余裕が無いんです。もし、五月病の真っ只中にいる患者様に、マインドセット構築のカウンセリングなんかしたら、さらに、うつ状態が悪化します。
 
 
 
 
(え~!?)
 
 
 
 
新しい概念(マインドセット)を構築するには、平静な心身が必要です。平静な心身がない状態で、今までと異なる概念(マインドセット)を受け入れることはできません。
 
 
 
 
(たしかに)
 
 
 
 
(1)根本原因を治す前に、(2)〜(9)を治療する必要があります。(2)〜(9)は、ストレスや不安と言い換えることができます。誰だった、ストレスや不安が強い状態で、新しいことを始められないですよね。
 
 
 
 
(あっ、わかったぞ。根本原因を治す時に、ストレスや不安が邪魔になるんだな)
 
 
 
 
その通りです。
 
 
 
 
(だから、先ずは、ストレスや不安を治療するんだね)
 
 
 
 
その通りです。
 
 
 
 
先ずは、ストレスや不安を治療しないと、新たな概念(マインドセット)構築にたどり着くまで、時間をロスしてしまいます。
 
 
 
 
(急がば回れ、ですね)
 
 
 
 
その通りです。
 
 
 
 
———————
 
 
五月病(適応障害・うつ病)は、あたなのせいではありません。環境のせいです。あなたは何も悪くないです。それなのに、つらい思いで苦しんでますよね。心療内科で、穏やかな人生を作るお手伝いができます。
 
 
 
 
先ずは、その不安を取り除きましょう。
 
 
 
 
今日の川西能勢口は良いお天気です。4月から始まる新しい生活を盛り上げる陽気になりそうです。さて、五月病は教科書に載っているかなとテキストを紐解くと・・・WHOやアメリカの診断基準、日本の標準的教科書に五月病の表記はありませんでした。一般的には、適応障害や抑うつ状態として扱われることが多いです。
診断基準 精神医学 icd10
 
 
 
 

 
 
PTA会長や役員にはどれだけの裁量権が与えられているのでしょうか。
 
 
おそらく・・・
 
 
  ゼロ
 
 
なんじゃないかと思います。
 
 
名ばかり管理職と言う言葉が定着して随分立ちますが、PTAも、名ばかり会長・名ばかり役員なのかもしれません。
 
 
 
 
そう確信するには理由があります。もし、圧倒的な裁量権があるなら、PTAはもっと変わっているはずです。
 
 
  会議は朝3時からスタート
  全員が集まってする会議の廃止
  ・・・
 
 
などなど、会長や役員が劇的な運営を出来るはずです。たとえ、欠席裁判で会長の刑や役員の刑に処されても、圧倒的な裁量権があれば、今度は、自分に有利な運営をすれば良いわけです。
 
 
究極的には、会長就任挨拶の時、第一声で・・・
 
 
 
 
「本日を以ってPTAを解散しますっ!」
 
 
 
 
と宣言すれば、その日の晩からぐっすり眠れます。
悪い大人だとしても、絶対に宣言しないでください。心療内科に相談するの先です。
 
 
 
 
組織論の教科書。解決策、全然載ってない・・・
組織論 経営管理 MBA
 
 
 
 

 
 
医者は、若いときから「センセイ、センセイ」と呼ばれ、感覚が麻痺している・・・、と思っている方もいるのではないでしょうか。
 
 
 
 
若い医者どころか、医学生の時代から「センセイ」と呼ばれています!
 
 
 
 
例えば、
先生「えー、センセイ方が、医者になるときは、・・・」
先生「センセイさ、こんなんじゃ、単位あげられないよ」
 
 
こんな感じで、センセイ、センセイと呼ばれます。もちろん、「おい、学生」と呼ぶ先生もいますが、総じて「センセイ」と呼ばれます。
 
 
 
 
「学生時分から、センセイとは、けしからん」と思う方もいらっしゃるでしょう。でも、このセンセイは、ただの・・・、
 
 
 
 
 二人称
 
 
 
 
です。あなた(二人称)と同じ使い方です。
 
 
 
 
つまり、このセンセイは敬称ではなく、ただの人称代名詞なんです。
 
 
 
 
そもそも、日本語では、二人称をほとんど使いません。「あたなは、どうなさいますか」ではなく、「社長は、どうなさいますか」と言うように、丁寧さの観点から、二人称を極力使わないのが普通です。二人称を使うときは他意がある時です。
 
 
そこで「センセイ」です。便利な言葉です。医学生を呼ぶときだけではありません。医者の名前を忘れても、「あっ、センセイ、どうも」と言えば乗り切れます。
 
 
 
 
ただ、数回行ったお店の店長から、「あっ、センセイ、毎度っ」と言われると困ってしまいます。「○○様、毎度っ」と言われる方が嬉しいです。これは、名前を覚えてもらう以上に大事な願望があるからです。
 
 
ゆったりとした時間を楽しむとき、一時的に、自分の属性から離れたい。そんな願望が、皆にあります。
 
 
たとえ、会話の内容から属性が判明したとしても、あえて「属性」で呼ばない店主のお店に行きたくなるのは、そこも含め、気配りの行き届いたお店だからでしょう。
 
 
 
 
” Hey, Do you guys V ・・・? ”
 
 
北米のメディカルスクールに行っていた頃、向こうの先生は、you guysを使って、講義で医学生に話しかけていました。今考えると、かなりフレンドリーでした。
 
 
 
 
・・・今日も診察後は、しれっと、自分の時間を楽しむことにします。川西能勢口や池田付近では、私の属性が知られていなので、ゆったりと過ごせています。
 
 
 
 
医学生になった実感は、解剖実習に先立って行われた骨学。ガイコツじゃなくて、トウガイコツ(頭蓋骨)なんだと知る。
骨学 解剖実習 医学生
 
 
 
 

 
 
昨今の小学生は、卒業式に袴を着るそうです。良いですね。ただ、神奈川県や愛知県では、袴着用を禁止する公立もあるとのこと・・・。
 
 
その禁止、一周回って、 公立の良さだと思います
 
 
 
 
小中高と田舎の公立出の私は、お受験はもちろんのこと、塾にも行ったことがありません。と言うより、周りに塾がありませんでした。そもそも、私立がありませんでした。
 
 
大学生になり、初めて、私立の小学校や中学校があることを知り、驚愕したことを、今も鮮明に覚えています。
 
 
 
 
・・・公立しか知らない私が言うのも何ですが、
 
 
公立の良いところは、
「格差むき出し」
なところです。
 
 
 ただ、学校が、それを必死で隠すもんだから、結果的に、格差がより際立ってしまうんです。
 
 
 
 
社会は理不尽であり、人は不平等に生まれてきます。
 
 
 
 
袴を禁止したところで、格差を解消することはできません。不平等に配慮しても、不平等はなくなりません。
 
 
それでも、先生が、「表面的に」格差を隠すには理由があります。それは、隠す振りをして、実は、格差を浮き彫りにしたかったのです。
 
 
 
 
そして、以下を伝えています。
 
 
 
 
 格差社会を甘受し、生き抜け
 
 
 
 
見かけ上の平等に配慮しつつ、格差をなきものとしない。結果的に、こう教えている所が、公立の良さかもしれません。
 
 
・・・川西小学校の近くでも、「卒業式!小学生の袴、着付けします」のビラがありました。
 
 
 
 
お世話になったZ会。幼稚園児に必要かと言われたら・・・。
z会 お受験 医学部
 
 
 
 

 
 
高校卒業して、一人暮らしを始めて、ずーっと、テレビがありません。
 
 
 
 
え! テレビ、ないんですか!
 
 
 
 
中学生の頃から、毎日毎日部活で、帰宅は21時過ぎ、ご飯を食べて寝るしかできない状態でした。土日も試合か合宿だったので、やっぱりテレビを見る時間がなかったのでしょう。
 
 
自然とテレビを必要としなくなっていました。高校を卒業して以来、家にテレビがない時代が続いています。買おうと思ったことがないです。
 
 
(学校でいじめられなかったですか?)
 
 
学校では困らなかったです。
 
 
ただ、最近で言うとAKBを直接知らない状態です。当時で言うとおニャン子クラブを直接知らない状態でした。それでも、クラスメイトの会話から、おニャン子クラブは女性の集団で、その中で、誰が好きか、誰が一番かとか、言い合うのが楽しいんだな、と分かりました。
 
 
みんなの話を総合すると、テレビを見ていなくても、誰が人気で、誰と誰とがライバルかが分かりました。同様に、AKBになっても、社会で困ることはありませんでした。秋元康氏と私が合わないだけかもしれません。
 
 
 
 
さらに・・・
 
 
え! スマホもないんですか!
ガラケーも!!!
 
 
と行きたいところです。実際、あまり使ってないことがわかっています。近年、スマホからも離脱する予感です。
 
 
 
 
(ほんとにテレビないんですか?)
 
 
実は、一度、テレビを導入した時もありました。しばらくして、仮面ライダーが面白くなってきた頃、買ってあげた仮面ライダーの武器で、子ども自らテレビを攻撃した結果、・・・液晶が機能しなくなりました。
 
 
ちなみに、川西市は、家電リサイクル商品の回収はしてくれませんでした。処分が大変!
 
 
その後、子どもたちが、「買って買って」とせがむと思いきや、テレビを見たいと言いません。よって、テレビがない状態を続けています。
 
 
 
 
最近は、テレビ依存症の相談がめっきり減り、スマホ依存症の相談がほとんどです。ただ、テレビ依存症は、40代に多いです。自覚症状は少ないですが、以下のような方はいませんか。
 
 
 家に着いたら、先ずテレビをつける
 テレビがついてないと暗く感じる
 
 
また、40代のスマホへののめり込み方は、10代のと違う印象です。10代はただただ没頭し、一方、40代は手放せないことに自己嫌悪を感じます。
 
 
40代といえば氷河期世代、悩んでいる人が多い年代です。
 
 
 
 
雲雀丘花屋敷駅は、同じ駅なのに宝塚市と川西市にまたがっているんですね。川西能勢口駅から歩いて来て初めて気づきました。
液晶画面、テレビ、不要、故障、依存症
 
 
 
 

 
 
2018年に卒業予定の大学生の就活が、2017年3月1日に解禁されました。
 
 
若手の労働人口が減少していることから、今の労働者市場は売手優位です。売手の学生側は、複数の内定を取りやすく、一方で、買手の企業側は、入社後すぐに辞めない人材を確保するため、躍起になってます。
 
 
結論から言うと
入社3年で3割辞める
  ↑
 いいね!
 
 
むしろ、入社して1ヶ月経つ前に、辞めてしまう方が、いい場合もあります。1ヶ月もあれば、その企業がどのようなルールで動いているか、はっきり判るからです。
 
 
大方、ルールは滅茶苦茶です。そんな理不尽なルールを、違和感なく受け入れている従業員を見て、そぞら恐ろしいと感じたら、入社日に辞めた方がいいです。その直観は当たりです。
 
 
ここで注意して欲しいのは、ダメだと直観しつつも、頑張ってしまう新入社員です。理不尽なルールをあれよあれよと違和感なく受け入れ、最終的に、トンデモないルールを指導する側に立ってます。
 
 
学生時代が終わり、社会に出て初めて、自分の信じていた社会のルールとは全く違う場合、身の振り方は早ければ早いほどいいです。
 
 
今回は、直観するために、頭の中心に置いて欲しいことを書きます。
 
 
 
 
理不尽なルールを知り尽くす
 
 
 
 
先ずは、多くの学生が設定しているルールを確認しましょう。
 
 
東大卒、京大卒・・・の順で、就職しやすい、給与が高い、出世できる・・・最終的に、幸せになれる!
 
 
これは万人が納得しやすいルールです。受験能力がある順に幸せになれるなら、努力する甲斐もあるでしょう。このルールを採用しているから、東大生は業界トップ企業に求職し、中堅大学に通う学生は中堅企業に求職します。そして、以下のようなゴールに向かって、スーツに身を包みます。そして・・・、
 
 
大学のランク以上の企業に内定できたら成功
  ↑
これが、多くの就活生が設定しいる間違ったゴールです。
 
 
 
 
さて、本題に戻ります。人生を楽しむには、社会のルールはを熟知しなくてはなりません。
 
 
 
 
社会のルールの特徴:
  理不尽
  不公平
  実力で越えられない壁だらけ
  コロコロ変わる 
  無数にある
 
 
 
 
入社時研修は、社会のルールを知るいい機会です。
 
・取引上のコネ入社が、当たり前の様にゴロゴロいる。
・オーナーの子息がいきなり上司になる、かつ、その地位を逆転することは不可能。
・学歴と能力だけで戦ってきたものは、戦いに一生参加することになる。
・戦いを見物し、戦いの成果だけをさらっていく人は、既に決まっている。
・出世し、給与所得が多くなればなるほど、「優秀な納税係」になる。
年収でこんなに違う 所得・消費税、あなたの負担は(日経新聞)
・住民税も累進性。とにかく、サラリーマンが税制上最も不利。
 
ただ、研修が終わる頃には、上記が気にならないように洗脳されています。それが研修の目的でもあります。
 
 
 
 
「それじゃ、就職するなっ」てこと?
 
 
人生を楽しむための個別の方法は、誰も教えてくれません。これも社会のルールの一つです。もちろん、「東大卒、京大卒・・・の順で有利」このルールに沿った答えは教えてもらえます。しかし、社会のルールに沿った答えは、自分で学ぶものです。
 
 
「それじゃあ、就職なんかしないで、起業しろっ」てこと?
 
 
就職か起業か、それ以外の道もあると思いますが、以下のような人は、リクルートスーツを今すぐ脱いだほうがいいです。
 
 
「毎日毎日学校なんが行きたくなかった」 → 定期的な通勤に向かない
「宿題なんかやりたくなかった」 → ノルマ達成、進捗報告に向かない
「校長の話は長くて退屈だった」 → ボスと株主は選べない
 
 
社会のルールは無数にあります。高校に行かなくても、大学に行く方法はいくらでもあります。同様に、そこの従業員にならなくても、幸せになる場所は無数にあります。不利なルールに甘んじていないか、根本的な見直しが必要です。
 
 
「どこかに所属していないと認められない」
「少しでもランクの高いところに所属したい」
 
 
こんなルールから自由になりましょう。その第一歩が、無数にある社会のルールを知っていくことです。そして、自分に合ったルールが適応される場所を選んで、その場所で人生を楽しみましょう
 
 
小学生くらいから、理不尽な社会のルールを、家族で話し合うのがおすすめです。
 
 
 
 
〜MacbookAirのバッテリーを替える〜
川西能勢口駅付近、北摂には、アップルストアがないので、自分でバッテリーを入れ替えました。品番はA1405、メーカはSLODA。5分で終わるので、アップルストアに頼むより良かったかもしれません。
A1405 SLODA apple MacBook Air 13