高校の選び方で迷ったら、
 
 
 
 
結論:宿題がない(あっても提出義務がない)高校へ行く
 
 
 
 
以上です。
→参考:受験は〇〇が9割
 
 
 
 
これでは???かもしれません。もう少し解説します。
 
 
 
 
先ず、本物のトップ校は、勉強する義務がありません。全ては自主性・自律性に任せられます。そもそも、そのような学校に合格できる人は、自分で自分の道を切り拓くので、一律の勉強法を押し付けられる必要がないとも言えます。
 
 
自分に合った方法を、自分で選択して、自分の未来を取りに行く、そんな地頭があるのでしょう。
 
 
 
 
一方、「国公立大学や医学部の合格者を、ここ最近増やしてきている高校」は、一律の勉強法を押し付ける傾向が高いです。もし、自分で自分の道の切り拓く気概がなければ、一律の勉強法を押し付けられても違和感はないでしょう。
 
 
「自分に合った方法を、自分で選択する」そんなことを思ったこともない従順さなのかもしれません。
 
 
 
 
ここでは、「行きたい学部や大学がある。でも、到底無理だ。何より勉強の仕方が分らない皆様」に向けてアドバイスします。以下を読めば、
 
 
結論:宿題がない(あっても提出義務がない)高校へ行く
 
 
を理解し、目標を達成するための行動を続けることができるでしょう。
 
 
 
 
さて、「国公立大学や医学部の合格者を、最近増やしてきている高校」は、何故、宿題や補習授業を大量に課す戦略を採用していると思いますか。
 
 
 
 
それは、学校にとって、最もコストがかからない、楽な方法だからです。たしかに、大量の宿題、多くの補習授業を課せば、その1%くらいは成功します。学年に200人いるとしたら、2人くらいは医学部に受かるかもしれません。
 
 
しかし、その他99%は、真の理解がないまま、作業した時間を浪費することになります。少なくとも勉強嫌いになってしまいます。
 
 
 
 
それでは、学校にとって、最もコストのかかる、面倒くさい方法は何だと思いますか。
 
 
それは、総合点で合格最低点を取る戦略を支援する方法です。合格最低点を取ることだけは全員共通ですが、各科目の目標得点率が、それぞれの生徒で違うので、一律の宿題、一律の補習授業では対応できません。
 
 
 
 
  生徒A 英語95%、数学40%、物理50%、化学80%
  生徒B 英語60%、数学85%、物理95%、化学75%
  生徒C ・・・
 
 
 
 
同じ英語でも、数段階にレベル分けされた宿題や補習授業を用意することが求められます。それを全教科でやるのは大変です。
 
 
だから、賢い先生がいる学校は、一律の宿題は効果が薄いことを理解し、宿題をなくすか、あっても提出義務をなくしています。
 
 
 
 
加えて、賢い戦略をとる学校では、宿題や補習ではなく、先生が個別の質問に答える時間、生徒同士が教え合う時間を多く設けます。
 
 
大量の宿題をこなすより、教え合う勉強会の方が、理解が早いのです。
 
 
  何処がわかってないか、
  具体的に、相手に伝える
 
 
  理解につまずいた点を、
  これから始める友人に教える
 
 
  友人が理解できていないポイントを探して、
  一緒に解決する
 
 
  自分の知っていることを、
  わかりやすく相手にプレゼンする
 
 
このような勉強会は、大量の宿題をこなすより、ずっと効率的で身につく勉強法です。かつ、高校、大学、社会人になってからも続く、人生を楽しむ人たちが採用する伝統的な勉強法です。
 
 
 
 
川西能勢口駅のホームに、数学のテキストを開いているが高校生がいました。テキストを見ながら宝塚方面へ乗っていきました・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
写真は、忘れたら、ちょくちょく調べてしまう、数学の参考書です(教科書はどこへいった?!)。今思えば、教科書が一番シンプルに書かれてあり、復習には最適だなと思います。それは、全科目そうだと感じます。
大学、数学、受験、医学部、高校