そもそも、PTAとは、誰のために生まれたのでしょうか?
 
 
 
 
 先生と親との意思疎通が、円滑ならば・・・
 先生の過労が、軽減されれば・・・
 親が、学校の行事に積極的に関われば・・・
 
 
 
 
【子供のためになる】
 
 
 
 
間違いなく、このコンセプトからPTAはできました。それがなぜ、忌み嫌われる存在になったのでしょうか。その原因の一つは、
 
 
 
 
行き過ぎた平等
 
 
 
 
かもしれません。
 
 
 
 
 共働きの家
 休日が不規則な家
 妻が家庭を守っている家
 早朝や夜に仕事がある家
 病人を抱えている家
 休みなく働いている家
 片親の家
 土日が休日の家
 ・・・
 
 
 
 
どの家族も忙しく、どの家族も事情を抱えていますよね。等しく分担することは不可能です。
 
 
 
 
全く違う生活スタイルの家族を、「親」と言うくくりで、一つのグループにするのは無理があります。
 
 
 
 
時間的、経済的、精神的・・・。どこかに余裕がある人だけでPTAを組んではダメでしょうか。そして、入会できない親の分も頑張ってくれたら、良いなと思います。
 
 
 
 
しかし、お互い様の精神が、ババ抜きの精神に変わってしまっては、「余裕がある人だけで運営する」このような解答は出てきません。
 
 
 
 
その代わりに、「一律に入会すること」が、見かけ上の解答となります。
 
 
 
 
見かけ上とは、真の解答ではないということです。
 
 
 
 
悪いことに、間違った解答を土台に、PTAが運営されると、間違った制度が量産されます。
 
 
 
 
 参加ポイント制
 役員持ち回り制
 ・・・
 
「行き過ぎた平等を維持するための制度」は、子供のためになるのかな・・・
 
 
 
 
もし、子供が、見かけ上の解答を土台に人生を歩んだら、その未来はどうなってしまうでしょうか。
 
 
 
 
ルールが作られた背景もわからないまま、
「ルールだから」と、真の解答から遠ざかる組織
そこに染まっていく・・・
大人には、耳の痛い話ではないでしょうか。
 
 
 
 
#PTAをやめたのは私だ
 
 
 
 
この話題をきっかけに、ある学校の先生と川西能勢口で話してきました。組織との関わり方、組織の運営の仕方に話題が発展し、
 
 
 
 
【大人のためになる】
 
 
 
 
週末になりました。
 
 
 
 
会談のあとは、川西能勢口から宝塚までゆっくりジョギング。交通量が多いので注意が必要です。
 
 
 
 

 
 
当院は、「1日○組限定の隠れ家レストラン」的メンタルクリニックです。
スクランブル交差点に位置するものの、
目立った看板はなく、非常に分かりにくくなっております。
 
 
池田郵便局のある池田市役所前交差点にあるのですが、
当院ビルの入り口付近で、
 
 
「近くにいるんですが、どこですか?」
 
 
と電話を頂くことが多いです。
 
 
ご不便をおかけしますが、
敷居の高い精神科受診を、
少しでも軽減したいと思っております。

 
 
宝塚から川西能勢口へ。この辺から苦しくなり、池田から石橋をランニング。池田郵便局のポスター広告を足早に通り過ぎました。
池田郵便局、ポスター、広告
 
 
 
 

 
 
我が子に良い教育を受けさせたい
 
 
 
 
全ての親の願いですよね。良い教育が我が子のためになる、その通りです、間違いありません。
 
 
 
 
しかし、我が子のため、とは本当でしょうか。
 
 
 
 
小学館の雑誌「小学一年生」で、小学1年生の親が子どもに将来なってほしい職業」「をアンケート調査したところ、以下の結果となりました。
 
 
 
 
第1位 …
第2位 公務員
第3位 医師
第4位 消防士
第5位 先生
 
 
 
 
公務員、国家資格強し!
 
 
 
 
(あれれ? 第1位が書いてないぞ)
 
 
 
 
第1位 本人が希望する職業
 
 
 
 
嘘くせー。理想と現実、建前と本音が交錯した親心を感じます。
 
 
 
 
ちなみに、子供に人気のある職業は、第6位以下に出てきます。親は、子供が就きたい職業に就かせる気はありませんってことです。
 
 
 
 
好きな職業に就いていいよと言いながら、医者や公務員を勧める親・・・
 
 
 
 
いつの時代でも、子供のことより「親自身が安心したいだけ」なんですよね。
 
 
 
 
このアンケート結果は、親と子の職業観のズレを裏付けるデータなのかもしれません。
 
 
 
 
このように、親心は、正直です。安定の為に、子供は、医者か、大企業の従業員か、公務員になって欲しい。と同時に、親は、世間体を保ち、経済的負担から解放され、安心したい。そんな切実な思いも感じ取りました。
 
 
 
 
ただ、勘違いしないでください。
 
 
 
 
「親自身が安心したいから」
 
 
 
 
これは間違いではありません。
 
 
 
 
間違いなのは、医者・大企業の従業員・公務員が、10年後も安定した存在か、親自身が、これらの検証をしてないことです。勧める職業を熟知しないで、よく勧められるなっ。
 
 
 
 
(検証なんてしてない。何それ?)
 
 
 
 
検証過程こそが、キャリア教育の根底なのですが、悪いことに、この検証方法は、小中高はもちろん、大学の就職センターでも教えてくれません。
 
 
 
 
特に、高偏差値大学出のサラリーマン家庭では、検証すればするほど、「医学部最高」「東大最高」「上場企業最高」と言う結果に収束します。
 
 
 
 
(確かに、それ以外思いつかない)
(思いついたとしても、我が子にやらせるかは別)
 
 
 
 
まぁ、東大入学が人生のリスクヘッジになるのは確かです。それは地頭が受験に適している場合に限って正しいです。ただ、現実的には、多くの地頭は受験に向きません。
 
 
 
 
(どうしようもないじゃん・・・涙)
 
 
 
 
何かしら解決策はありますよ。正解が無数にあるのが、人生と受験が違う所ですから。
 
 
 
 
(うぐ〜、我ら偏差値ジャンキーには、耳が痛い話だよ)
 
 
 
 
——————————
 
 
そもそも、何を検証するのでしょうか。対象は、安定?将来性?でしょうか。それらは違うと感じます。
 
 
 
 
(じゃ、何、おせーて!)
 
 
 
 
止めておきます。このアドバイスは、人を選びます。
 
 
 
 
(えーっ、困る〜)
 
 
 
 
ヒント:人生はゲリラ戦です。
 
 
 
 
(革命を起こすの!?)
 
 
 
 
いいえ、国家を倒すとかではないです。一族が生き延び、繁栄するための戦い方を検証します。
 
 
 
 
(一族・・・!?)
 
 
 
 
キャリア教育の一環に「一族」が出て来るのは、????ですよね。ここでは順序立てて説明しませんが、一言だけ・・・
 
 
 
 
一族が繁栄するための戦い方は歴史に学べます。時間をかけるしかありません。国家百年の計ならぬ、一族百年の計です。・・・今日はここまでとします。(参考:「一族百年の計」関連記事)
 
 
 
 
——————————
 
 
 
 
・・・哀しいことに、子供の大学や就職先のランクで見栄を張るのは、親の性です。全国で朝夕繰り広げられる井戸端会議の主要議題の1つです。もう一つは、そこにいないママの悪口でしょうか。
 
 
 
 
「子供を出汁に見栄を張る欲望」
 
 
 
 
ここから開放されることは、親自身の健康に最も大切です。
 
 
 
 
毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒
 
「○○さんとこ、医学部狙ってはるんやて」
「すごいやーん」
 
 
「うちの子は、医学部A判定でした」
「すごいやーん、さすが奥さんの子供やわ」
 
 
「何とか、国立大学の医学部に入れまして」
「すごいやーん」
 
 
「○○銀行と〇〇商社に内定したのよ」
「うわ、すごいやん」
 
毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒毒
 
 
 
 
こんな井戸端会議から自由になりましょう。自分自身のステータスを子供のステータスで補完するのは、家族の健康に寄与しません。加えて、高級車やブランド物でステータスを補完するのも不健康です。
 
 
 
 
宝塚、川西能勢口、池田、石橋、箕面・・・教育熱心が家庭が多い印象です。是非、職業の安定とは何か、将来性とは何かじゃなくて
 
 
 
 
【一族が繁栄するための百年の計】を家族で話し合ってはいかがでしょうか。
 
 
 
 
今年の冬は寒いですね。JR川西池田駅の花壇が、花でいっぱいになる時期を楽しみに過ごしています。川西能勢口駅から箕面駅までランニング、帰りは電車でした。
 
 
 
 

 
 
ボスママ。
 
 
 
 
(あっ、あの人だな)
 
 
 
 
そのボスママを好印象をもって想像したでしょうか、それとも違ったでしょうか。いずれにせよ、ママ友に関する問題で悩んでいる方は多いです。
 
 
 
 
ママ友の輪に入れない
急に、無視された
子供の為に我慢している
そもそも一緒に居たくない

 
 
 
 
こんな経験、あるいは、そうされているママを見たことがあるのではないでしょうか。いつか、自分もハブられるかもしれない。そんな不安を抱えてママもいるでしょう。
 
 
 
 
そもそも、何故、ママ友は、こぞってランチに行くのでしょうか?ママ友は、子供を送った後、路端でしばらく話し込むのでしょうか?
 
 
 
 
それは、何かを話したいからです。
 
 
 
 
話を聞いてもらうときは、心から理解してもらうのが一番良いのですが、それは中々難しいですよね。だから、誰かに「聞いて欲しい」んです。できれば、軽く相槌を打ってもらいながら。とにかく、誰でもいいから、ただただ話したいんです。
 
 
 
 
言葉に出したらスッキリする
 
 
 
 
これは、私たちがもっている共通の仕組みです。
 
 
 
 
私は、ママ友たちが話し込んでいるのを見つけると、ついつい、そば耳を立てるのですが、その際の共通ポイントを以下に挙げます。
 
 
 
 
  1 全てのママが、話しているわけではない
  2 一番話しているママがボスである 
 
 
 
 
えっ?どうしてボスってわかるの?
 
 
 
 
ボスの判定は、意思確認「させて」いるか否かです。
 
 
 
 
ランチなどイベントを提案し、参加の意思確認「させて」いる人がボスです。そして、多くの場合、意思確認「させて」いる人が、ずーっと話しています。
 
 
 
 
断れない提案をしている人がボスママであり、かつ、ずっと話し続けてスッキリしているのもボスママです。
 
 
 
 
その反面、ボスママの周りは、可もなく不可もない相槌を打ちながら話を聞いています。それは大変なことです。そして、その大変さが、ボスママの快感になっているとも言えます。
 
 
 
 
ただ、ボスママはストレスを抱えていると推測します。ボスママこそが、誰かに話を聞いて欲しい、とにかく、話して楽になりたいと思っています。
 
 
 
 
ストレスによる負のオーラが大きいことが、ボスママを作り出しているのかもしれません。
 
 
 
 
ともあれ、ボスママとの関係悪化が、我が子の友達関係に直接影響します。今は良好な関係でも、何が災いするかと思うと、気を使わざるを得ないですよね。
 
 
 
 
ボスママとは距離を置く、これが唯一の方法ですが、ちょっとアドバイスがあります。
 
 
 
 
「ボスは1人ではない」
 
 
 
 
どの世界でも、大ボス、裏ボス、ラスボス…がいます。ボスというのは多いのが普通です。あのボスへの対処は万全だとしても、他のボスを見逃していたらクリアできません
 
 
 
 
週末は、川西能勢口から宝塚劇場あたりを散歩して来ました。よく散歩はするのですが、実は、一度も宝塚歌劇を観たことがありません。いつか観てみたいです。
 
 
 
 

 
 
受験シーズン到来です。受験生はもちろん、受験生を持つ親御さんも、落ち着かない日々を送っているのではないでしょうか。
 
 
今日は、受験生ではなく、これから受験生になる皆様へ、メッセージです。
 
 
それは、「18歳で大学、23歳で就職」と決めつけないこと。あなたの道筋で良いんです。ゆっくりでも進んでいるなら、あなたのペースで、あたな自身の道筋を歩めば良いんです。
 
 
え?、それ以前の問題ですって!?
 
 
「そもそも、自身の道筋って、何ですか?」
「それが見つけられないから悩んでいるんです」
 
 
そうですよね、自身の道筋がわからないから、困っているわけですよね。よくわからないから、一番知っている道筋=「ちゃんと高校行って、18歳で良い大学行って、23歳で一流企業に就職」と言う呪縛で悩んでいるわけです。わかりました。ここでは、将来なりたい職業ランキングを例に、
 
 
「知らないことは選べない」ことを学びます。
 
 
さて、ここに、日本FP協会が発表した小学生の「将来なりたい職業」があります。
https://www.jafp.or.jp/personal_finance/yume/syokugyo/
 
 
  1位 医者
  2位 サッカー選手
  3位 野球選手
   …
   パテシエ
   薬剤師
   宇宙飛行士 
   教師
   警察官
   パイロット
 
 
どの職業も知っているのではないでしょうか。
と言うのも、ここに載っている職業の人に会ったことや、テレビやインターネットで見たことがあるからだと思います。。
 
 
さて、13歳のハローワーク公式サイトに人気職業ランキングがあります。
http://www.13hw.com/jobapps/ranking.html
 
 
  エディトリアルデザイナー
  キュレーター
  …
 
 
順位が100位まであると、たくさんの職業が出てきますね。聞いたことのない職業も沢山あるのではないでしょうか。または、名前は知っていても、実際の内容は殆ど知らないでは?。(医師と言っても、数え切れないほど、違いがありますよ。これは後日書くことにします。)
 
 
実は、先ほどの日本FP協会が発表した集計も100位くらいまで表にすると、知らない職業がたくさん出てきます。
https://www.jafp.or.jp/personal_finance/yume/syokugyo/files/count_2015.pdf
 
 
  恐竜博士
  プロダクトデザイナー
 
 
もうお分かりですね。知らない職業は選べない。つまり、知らない道筋は選べないと言うことです。
 
 
皆さんの知っている職業は、殆どが、テレビやインターネットで知った職業なはずです。それ以外で、未知の職業を知る行動が必要だと感じてくれましたか。色々な職業がある様に、色々な人生の歩み方があります。それぞれの道筋があります。どんな道筋があるのか、たくさん知った上で、自身に合った道筋を見つけたいですね。
 
 
さて、どうやって、その情報を得るのでしょうか。診察室でも相談にのってます。
猪名川町、川西、池田、石橋は、若い世代が多く、教育熱心な印象です。
 
 
 
 

 
 
怒りの取り扱い方1(超初級)
怒りの取り扱い方2
怒りの取り扱い方3(抗不安薬、必要!?)
 
 
 
 
アンガーコントロール、アンガーマネージメント、最近聞いたことはありませんか?アンガーとは怒り、コントロール・マネージメントは管理です。平たく言えば、「怒りの扱い方」と言う意味です。
 
 
 
 
「やったー、アンガーマネージメントができれば、怒らなくて済む!穏やかな人生を過ごせる!
 
 
 
 
ちょっと、違います。
 
 
 
 
怒りは、生存に不可欠な感情です。怒りを0にしたら生き延びられません。(なぜ怒りが必要かは、後日書くことにします)
 
 
 
 
さて、怒りの話に戻します。
 
 
 
 
怒りはどのように生まれて、どのように消えるのでしょう。
 
 
 
 
怒りは、 こうあるべきだと期待していたことが裏切られたときに出る感情的反応です。それも、熱い鍋に触れた時、さっと手を引くような、ほぼ反射的な反応です。言い換えると、望ましくない原因が先にあり、その次に怒りの感情が湧き上がると言っても良いでしょう。
 
 
 
 
また、原因の多くは、不可避であったり、努力ではすぐに改善しないものです。例えば、嫌味な上司をすぐに異動させることはできませんよね。見方を変えれば、原因を取り除けないからこそ、怒りの感情が湧き起こるのかもしれません。
 
 
 
 
怒りは6秒で消滅する。
 
 
 
 
これが、怒りの管理に最も重要なキーワードです。怒りは、反射的反応だからこそ、6秒待てばおさまるのです。
 
 
 
 
「嘘言うな(怒)、色んなことに腹が立って、四六時中イライラしてるんだよ、バカやろー」ですって?
 
 
 
 
たしかに、怒りが6秒以上続いているようにも見えます。四六時中イライラしている人は、突発的な怒りが、次の怒りを生み、その怒りがより大きい怒りを生む、負の連鎖に至っていると言えます。
 
 
 
 
これが「四六時中、怒っている」状態です。この悪循環の中では、ご自身も辛いし、周囲にも悪影響を与えています。その結果、友達が離れて行ったり、仕事を失ったりすることに繋がりそうですよね。そこを修正するのが精神科医です。
 
 
 
 
まとめますと、アンガーマネージメントの真の目的は以下です。
 
 
 
 
「信用を失わない技術を身につけること」
 
 
 
 
「おいおい、原因はどうするんだぁ?嫌味な上司は、明日も会社にいるぞ」
 
 
 
 
こんな声が聞こえてきました。確かに、本当の原因を取り除けていません。でも、それは、後回しにできる問題であることを診察室で学びます。
 
 
 
 
 0 怒りの原因:嫌味な上司がいる
  (自分の影響力の外にあるから、今は置いておく)
 
 1 怒りの感情
  (自分の影響力の中にあるから、
   管理できる可能性がある)
  
 2 怒りの悪循環(を断ち切るのが精神科医の仕事)
  (怒りが怒りを生み、お客さんの前で暴言を吐く、
   家族に辛く当たる、浪費する、
   浮気する、ギャンブルにはまる…。)
  
 3 悪循環の結果(避けるべき結末)
  (信頼を失う、職や家族を失う、
   大切な人が離れていく…)
 
 
 
 
0が原因であるのに、3の結果になることは無意味です。もちろん、仕事が嫌であるならば、職を変えてもいいと思います。ただ、仕事を失いたいわけではなく、上司が嫌いなだけで、職や家族を失うのは、望ましい結果ではありません。
 
 
 
 
怒りの悪循環に至っている方は、メンタルクリニックで、負のスパイラルを断ち切りましょう。
 
 
 
 
診察室では、超上級の「怒りのzero emission」に向けて、段階的に学習していきます。(→怒りの取り扱い方2)
 
 
 
 
今日は、大阪の都市部でも、雪が積もりましたね。JR川西池田駅から川西能勢口駅まで、散歩してみました。たくさんの雪だるまが、にっこり微笑んでくれました。
近畿地方も大雪でした。川西池田駅から川西能勢口駅まで散歩しましたが、たくさんの雪だるまがありました。
 
 
 
 

 
 
taiwan
 
新年あけましておめでとうございます。
 
今年も、宝塚、川西、伊丹、池田、箕面、豊中の皆様に、受診しやすいメンタルクリニックを提案してく所存です。
 
 
年末年始は、台湾で過ごしました。
(卓球の愛ちゃんの結婚式は、隣のホテルでやっていたようです。)
 
台湾と言えば、ご飯が美味しい、ですよね。
と言うことで、
 
先ずは、小籠包
 
レンゲに乗っけて、皮を割いて、お汁を出して、フフーしてから…
なーんて食べ方はしませんっっっ。
一気に口に放り込み、ガブッとやって、
「っあ”bzびyっ」がいいんです。

 
 
でも、台湾の小籠包はそうならない
ん?ヌルすぎ?!

 
 
台湾は暑い国、どのお店で食べても、小籠包は温かいだけでした。
 
特に、日本人が行くお店は、「回転」が重要なので、激熱はご法度です。
温かいだけなので、いつもより早くたくさん食べてしまいます。
「すき焼 with 生卵」と同じ考え方なのかもしれません。
 
ちなみに、日本にある系列店の小籠包は、激熱です。
日本仕様になっているんですね。
 
 
川西、宝塚、池田、石橋、箕面・・・ここら辺りの小籠包は、激熱か?!
今後、調べてきます。